プジョー308SWの板金塗装修理事例の紹介です。

  • 075-321-1765
  • 【営業時間】9:00〜18:30 【定休日】第二土曜・日曜・祝日

施工例

プジョー308SWの板金塗装修理事例の紹介です。

お客様よりプジョー308SW(ステーションワゴン)の修理のご依頼を受けましたのでご紹介します。

損害箇所は左のリアドアと、同じく左のサイドステップ(サイドシル)。

鉄柱的なものを巻き込んだ形でドアパネル、サイドシル共にへこみと傷が出来てしまいました。

お客様は車両保険への加入があり、又過去に保険の使用も少なく等級ダウンの影響もさほど大きくないこともあり、今回保険での修理となりました。

「大切にしているお車なので、最善の修理方法で綺麗にお願いします。」ということです。

プジョーのカラーナンバー表示ラベル場所。

リアドアは新品ドアパネルに交換して塗装、サイドシルは鈑金することに。
サイドシル部分は比較的鉄板が固く、硬く?板金作業が少し大変です。
しかし、厚いパテ盛りでごまかすようなことは致しません。
限界まで鉄板を元の形に戻します。

リアドアは元のドアを取り外し新品ドアをボディーに仮止めしフロントドアやリアフェンダーとのチリ、スキマ等を念入りに確認します。もちろん新品とはいえドアパネルにキズや凹みがないかも充分に確認します

やはり輸入車ですので生産国からの輸入品(部品)となりますので、稀に輸送中にキズやヘコミ等々がついてしまうことがあるので要チェック!!

**国産車、日本車で同様のことが全くないとも言えません。
輸送中にどうしても傷やへこみが付いてしまう事は完全には避けられないということです。

板金作業終えた鉄板表面にパテを薄く塗布し加熱乾燥後、パネル形状に沿って、平滑に研いでさらに面を整えた後、塗料の密着性、防錆性、シール性に大変優れた2液混合型で高硬度のサフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行います。

今回のプジョーの色番号、カラーナンバーはLQV。名称は アルティメッドレッド でした。
基本的にパールやメタリックのボディカラーには、クリア塗装が仕上げとして必要です。クリア塗装をしなくては、光沢が出ないためです。

今回のプジョーのこのカラーですが、通常のボディーカラーのように仕上げにクリア塗装がされているのですが、それが、色付きのクリア。??そうです、カラークリアーというものが塗装されているのです。

最終的な仕上がりを考えながらトップコートのカラークリアをペイントして色を元どうりに違和感なく合わせるという多少高度な技術力を必要とし、工場のレベル差が出やすい色とも言えます。
しかし、このカラークリア仕上げの車は年々増加傾向にあります。
色の深みが第一に違う所で、他車や他色との差別化を図り高級感を演出してくれます。

現車による正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、現車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重にカラーベースコート、カラークリヤーコートの順に塗装作業を行っていきます。

塗り肌をボディ全面の塗装肌と同等に均一に揃うよう、塗装の段階で実車本来の塗り肌に合わせる、高度な技術が要求されます。

プジョー308SWのお客様は車両保険に加入していた為、自己負担金ゼロでご修理できました。

また、きれいに修理ができたという事で、大変喜んで頂き、仕上がりにも大変御満足頂くことができました。この度は数ある板金塗装工場の中から御池自働車株式会社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

 

HOME > 施工例:輸入車 実績 > プジョー308SWの板金塗装修理事例の紹介です。