ジューク ドア フェンダー 修理事例 

  • 075-321-1765
  • 【営業時間】9:00〜18:30 【定休日】第二土曜・日曜・祝日

施工例

ジューク ドア フェンダー 修理事例 

ニッサン ジュークのドア、リアフェンダー修理のご依頼を受けました。
 お客様は車両保険の使用も視野に入れていらしたようですが、
キズヘコミの確認しお見積り提示ののち、自費修理となりました。

損害は リアドア、リアリアフェンダーとなります。

どちらも交換せずにヘコミ、キズ修理、板金にて。

タイヤ上の黒い部品 アーチモールはキズがあり交換としました。 また、アーチモールを外した部分のヘコミも板金します。


尚、修理期間中の約1週間は 無料代車 をお貸し致しました。

 ドア、リアフェンダー(クオータパネル)を板金にて限界まで丁寧に元どうりに復元。

  
 ここで、板金作業での面だし(復元作業)を丁寧に行わず、パテで形を復元形成させるような作業をすると、仕上がりや、のちのパテやせの原因になります。

ドア、リアフェンダー(クオータパネル)を板金にて限界まで丁寧に元どうりに復元したのち

ごくごく薄く板金パテを盛り加熱乾燥後、研磨し表面を整えました。

次にゴミ、ほこりが付着しないように「プッシュプル式塗装ブース」にてサフェーサーを塗装します。こちらも加熱乾燥後に研磨。

実車と照らし合わせながら何度も調色(色合わせ)作業を慎重に行ったのち、他の塗装しないボディー部分に塗料が掛からないように、丁寧にマスキングし塗装ブース内にて塗装します。
   
調色(色合わせ)作業は、何度も試し塗り板に塗装し、実車と見比べ色を近づけていくという、職人の経験と、感性が要求される作業です。

ゴミ、ほこりが付着しないように「プッシュプル式塗装ブース」にてサフェーサーを塗装します。こちらも加熱乾燥後に研磨

塗装ブース内での十分な乾燥後、ポリッシング(磨き作業)し、脱着したパーツを組みつけ作業完了です。

室内外の洗車、清掃後お客様のもとへ納車させていただきました。
 お客様には大変喜んでいただけました。 

お客様の様々なご要望(保険修理、自費修理、お車の状態、使用状況、金銭面等の) に応じた、修理内容、方法のご提案、ご相談させていただきます。
  
「 板金 塗装 修理 は 京都 の 御池自動車 」 

こちらのジューク、カラーナンバーは KAX 
 
名称 メテオライトブラウン

HOME > 施工例:日産車 実績 > ジューク ドア フェンダー 修理事例