50系プリウス 現行プリウスの板金塗装修理事例

  • 075-321-1765
  • 【営業時間】9:00〜18:30 【定休日】第二土曜・日曜・祝日

施工例

50系プリウス 現行プリウスの板金塗装修理事例

プリウスのお客様は狭い路地で右折時に電柱に気づかず、車の右後ろ部をぶつけてしまいました。

あいにくお客様は車両保険への加入がなく、自費での修理で、「大切にしているお車なので、最善の修理方法で綺麗にお願いします。」ということで、修理の御依頼を請け賜りました

トヨタプリウスの色番号、カラーナンバーは1F7のシルバーメタリックでした。

損害箇所はリアドア、リアフェンダー、リアバンパーになります。救いな点は交換部品が必要なく全て修理で対応可能な点でした。

しかしリアフェンダー(クオータパネル)は交換してもおかしくない程度のへこみ具合でした。

が、フロントフェンダーやドアのようにボルトで止まっている部品ではなくパネルをカットして(切って)溶接してつなぐという作業になり工賃はもちろんのこと、部品代金もかかってしまうので多少時間と手間がかかっても板金することになりました。修理にあたりリアドアのハンドル(取っ手)の取り外し、リアドア自体の脱着、リアバンパーの取り外し等し、復元させていきます。

板金作業を終えた鉄板表面にパテを薄く塗布し加熱乾燥後、パネル形状に沿って、平滑に研いでさらに面を整えた後、塗料の密着性、防錆性、シール性に大変優れた2液混合型で高硬度のサフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行います

現車による正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、現車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重にカラーベースコート、クリヤーコートの順に塗装作業を行っていきます。

メタッリック車は特にメッキの立ちが目立つ為、ボディ全面の塗装肌と同等に均一に揃うよう、塗装の段階で実車本来の塗り肌に合わせる、高度な技術が要求されます。

メッキのムラを防ぎ均一にボディー全体との違和感なく塗装を施し復元していきます。

ドアも同様にペイント

トヨタ プリウスのお客様はあいにく車両保険に加入していなかったため、全額自費となってしまいましたが安く修理が出来たと喜んで頂き、仕上がりにも大変御満足頂くことができました。

この度は数ある板金塗装工場の中から御池自働車株式会社にを頂きまして誠にありがとうございました。

HOME > 施工例:トヨタ車 実績 > 50系プリウス 現行プリウスの板金塗装修理事例