スズキ ソリオの板金塗装修理事例の紹介です。

  • 075-321-1765
  • 【営業時間】9:00〜18:30 【定休日】第二土曜・日曜・祝日

施工例

スズキ ソリオの板金塗装修理事例の紹介です。

時間貸し駐車場から出庫する際、慌ててしまいアクセルとブレーキを踏み間違え、後方にあったポールにバックドア(リアゲート)、リアバンパーをぶつけてしまいました。バンパーを取りはずしてみるとバックパネルもきつく凹んでおり交換、またその奥のフロアパネルまで損害は波及していました。

あいにくお客様は車両保険への加入がなく、自費での修理で、「大切にしているお車なので、最善の修理方法で綺麗にお願いします。」ということで、修理の御依頼を請け賜りました。
リサイクルパーツを探して少しでも安く板金、とのご提案をさせて頂きましたが、お客様の強いご要望で新品パーツを使用することになりました。

今回のスズキソリオの色番号、カラーナンバーはZMU、スターシルバーでした。

幸いにも当日、納車時にお話しをお聞きしましたがお体のほうは痛みもなくご安心しました。
リアバンパーは塗装済みのバンパーに交換。リヤゲートパネルも新品に交換。バックパネルも交換、フロアパネルは鈑金修正となりました。

まずはバックパネル、フロアパネルを特殊な工具にて大きく粗出しをおこないます。その後バックパネルをボディーよりはがして張替え。 フロアパネルを修正。きれいに丁寧に寸法を計測しながら作業。

板金作業終えた鉄板表面にパテを薄く塗布し加熱乾燥後、パネル形状に沿って、平滑に研いでさらに面を整えた後、塗料の密着性、防錆性、シール性に大変優れた2液混合型で高硬度のサフェーサーを塗布し、充分な加熱乾燥後、歪みやラインの確認をしながら最終研ぎ作業を行います。

バックパネルを溶接し張替え

各パネルの張替え、板金、交換作業の塗装前の最後には必ず仮止めを行い取付の不備やチリ、スキマのチェック等を行います。塗装後に無理やり帳尻合わせを行うような工場も実在するのも悲しいですが現実としてあることは事実です。

現車による正確な色合せを行ったのち、塗装ブース内に車両を入れ、マスキング作業、脱脂作業終了後、現車同様の塗装肌を忠実に再現しながら慎重にカラーベースコート、クリヤーコートの順に塗装作業を行っていきます。塗り肌をボディ全面の塗装肌と同等に均一に揃うよう、塗装の段階で実車本来の塗り肌に合わせる、高度な技術が要求されます。

バックパネル、フロアパネルも今回写真掲載してませんが当然塗装しています。

スズキ ソリオのお客様はあいにく車両保険に加入していなかった為、全額自費扱いとなってしまいましたが、きれいに修理ができたという事で、大変喜んで頂き、仕上がりにも大変御満足頂くことができました。
この度は数ある板金塗装工場の中から御池自働車株式会社に修理の御用命を頂きまして誠にありがとうございました。

 

HOME > 施工例:スズキ車 実績 > スズキ ソリオの板金塗装修理事例の紹介です。